キャッシングについて

キャッシングとは

みなさんが必要な時にお金がない場合、消費者金融などの貸金業者からお金を借ります。それを、キャッシングといいます。一般的には、銀行の口座にお金を振り込んでもらい、期日までに指定された利息と借りたお金を合わせて返す必要があります。

 

多くの場合、一括で返済する必要があるのですが、最近では分割払いを行うことができる業者もあります。キャッシングというと、クレジットカードに付与される枠を思い出す人もいます。この違いについて説明します。通常のキャッシングの場合、お金がなくて業者に申し込みをして、審査を経てお金を借ります。

 

しかし、クレジットカードの場合、クレジットカードを発行する段階で審査が行われています。そのため、申込書にキャッシング利用枠の記入があるのです。最近では、記入が必須になっています。そして、利用枠がカード発行と同時に審査され、利用可能になります。

 

つまり、クレジットカードがあれば、利用枠内であればお金を借りることができるというわけです。もちろん、通常の業者と同じで利息は発生します。ただ、利息については各カード会社によって異なるので、最新の情報を確認しておくと良いです。

 

また、最大の違いというのは、信用性が異なってくるということです。通常の場合、1回限りの契約になるため、継続し続ける信用性は得られません。しかし、クレジットカードの場合、利用していれば信用実績を積み重ねることができるので、年々利用枠を拡大していきやすいのです。

審査の流れ

キャッシングは、申し込みを行ってから審査を行います。なぜ審査を行うのかというと、返済能力を確かめるためです。キャッシングは、さきほども説明しましたが、お金を借りるということです。それには、当然利息を付けて返済する義務が生じます。

 

借りたら返すという原則です。そのため、安定した収入があって、なおかつ返済能力があるかどうかを確かめるために審査を行うのです。まず、初めに借りたい業者のホームページまたは電話などで申し込みを行います。このときに、注意しておきたいのが、すでに審査は始まっているということです。

 

虚偽があれば、当然信用は下がってしまいますので、虚偽記載がないようにありのままの自分の姿を記入してください。送信すると、すぐに審査が始まります。審査中に、本人確認のために電話がかかってくる場合があります。そのため、すぐに電話に出られる態勢をとっておくとよいです。

 

しかし、出れない場合もあるので、備考欄にその旨を書いておくと良いです。そして、本人確認の電話の中で、最初に記入した個人データをもとに再確認が行われます。ここで、矛盾があると虚偽記載とみなされてしまい、審査に通過しない場合があるので、注意したほうが良いです。

 

電話確認が終わると、最終審査に移ります。そしたら、再度電話またはメールが届いて、審査結果を伝えてくれます。ここで、審査に通過していれば後は業者の指示に従ってください。最短で30分で回答してくれる業者もあります。

メリットについて

キャッシングを行うメリットについて説明します。まず、一つ目ですが、申し込みが簡単であるという点です。最近では、30分審査というのが主流になるつつあり、それに伴い即日融資という流れもあります。

 

そのため、申し込みが複雑だと、利用者も減ってしまい、業者としても都合が悪いので、必要事項を簡単に記入できるようになっているのです。二つ目は、必要なお金がすぐに借りられるという点です。キャッシングを利用する人の多くは、急な出費に困って借りるという場合です。

 

そのため、仕事終わりに急に接待が入ったがお金がないとわかった段階で、申し込みをすれば、終業時には振り込まれているという場合が多いのです。振込金額は、申し込んだ分だけです。もちろん、審査に通過している必要があります。

 

三つめは、審査から借り入れに時間がかからないことです。先ほども記述しましたが、最近では最短30分審査、即日振込が主流になっています。つまり、昔に比べると審査スピードも速くなり、振込までのスピードが速くなったということです。

 

審査のスピードを早くするためには、人の手では追いつけないため、あらかじめ設定されたプログラムに沿って、コンピューターが審査している場合があります。また、次が最大のメリットなのですが、審査が甘いということです。最短30分回答のところは、時間がないため、審査基準が甘めに設定されています。これは、借り手にとって、大変大きなメリットです。

デメリットについて

もちろんメリットがあるということは、デメリットが存在します。デメリットは複数あります。一つ目は、審査が甘いため返せなくなるという点です。審査では、あらかじめ設定されたプログラムによって、自動的に行われます。そのため、返す能力がなくても審査に通過してしまう場合があるのです。

 

現在では、そういう事例は少なくなってきているようですが、今でも十分にあり得ることなので、注意が必要です。次に、高金利です。審査が甘いということは、金利が高い場合があるということです。十分に審査を行うところは、審査基準が高いため金利は低いです。

 

しかし、審査基準が甘いところは、高金利の場合が高いのです。そのため、お金が必要だからと言って、審査が甘いところに走ってしまうと、高金利で痛い目に合う場合もあります。三つ目は、銀行の金利に比べると高いという点です。

 

何か高額のものを買う時に、キャッシング利用するよりも銀行のローンを組んだほうが、金利が安くすむ場合があるのです。借りる金額によって、使い分けると良いです。四つ目は、無担保・無保証人のため、金利が高いのです。

 

先ほど、金利が高いことを説明しましたが、これも含まれています。お金がない人が借りて返せないと、借倒れしてしまいます。そうすると、業者はお金を回収できないため、その分の利益が見込めません。それを補うためにも、返済能力がある人に高金利で補ってもらっているのです。これが、キャッシングのデメリットです。

キャッシング会社の比較

ここでは、大手キャッシング会社のメリットについて説明します。まず、黄色い看板が特徴のプロミスですが、ここは三井住友フィナンシャルグループの会社です。全国のATMでお金を借りたり、返済することが可能です。実質年率は、6.3%〜17.8%となっており、限度額は1万円から300万円までとなっています。

 

次に、よくCMがやっているモビットです。ここは、三井住友銀行グループの会社です。プロミスと似ていますが、ちょっと違います。ここでも、全国の提携ATMで気軽に利用することができます。また、当日融資も行っているので、利用者は大変助かっています。

 

気になる実質年率ですが、4.8%〜18.0%で、限度額は1万円から500万円となっています。最後に、アコムです。アコムは、全国の提携ATMで利用することができ、実質年率が4.7%〜18.0%となっており、限度額は1万円から500万円となっています。

 

このように、大手三社を比較するとそれぞれの会社にメリットがあります。少ない金額を借りるのであれば、モビットやアコムですが、多くのまとまった額を借りるのであればプロミスがお得であるとわかります。

 

また、このほかの大手会社でも金利は異なってきますし、場合によっては30日間利息無料キャンペーンをやっているところもあります。そういうとこで契約するのも良いのですが、かならず貸付条件を確認しておくと良いです。